E&Jカシアス・ボクシングジム所属選手の試合情報、結果です。

2018年10月31日水曜日

10月31日 内藤未来、王子翔介 試合結果

10月31日(水)後楽園ホールにて行われた『DANGAN』において、E&Jカシアスジムから出場した王子翔介、内藤未来の試合は、翔介が判定負け、未来が判定勝ちという結果になった。

<第10試合 6回戦>


✕龍神佳輝(ワタナベ) vs ○内藤未来(E&Jカシアス)
第4ラウンド、バッティングによる内藤未来負傷のためストップ、。
39-3840-37,39-39)

試合は内藤がバックステップを使って距離を取りながらの戦術に対し、龍神は積極的に前に出て間合いを潰し、内藤に攻めるきっかけを与えない展開。
拮抗した展開だったが、第4ラウンド、偶然のバッティングで内藤が頭部を負傷。
ドクターチェックの結果、そのままレフリーは試合をストップ。負傷判定となった。
約1年ぶりの試合、この結果に内藤は消化不良を感じたのではないだろうか。
これをステップにして、進化したミライを次戦に期待したい。







<第8試合 4回戦>

○臼井春樹(八王子中屋) vs ✕王子翔介(E&Jカシアス)
(37-37,38-3738-37

約5年ぶりの復帰戦となる王子翔介。試合の展開は序盤から王子が積極的に前に出る。
しかし、リーチ差のある臼井の懐にあと一歩踏み込んでクリーンヒットが出ず、主導権は臼井の展開。
第3ラウンド、右のカウンターで臼井からダウンを取る。
ここで大きく王子に有利に傾いたが、第4ラウンドで今度は王子がダウン。
試合は判定となり、接戦の結果、復帰を勝利で飾ることはできなかった。





ここで、筆者(このwebの管理人)から一言。

ミライ、ショースケお疲れ様!また私にサンドバックの打ち方教えてください!(゚∀゚)







見学や体験入会随時募集しています

0 件のコメント:

コメントを投稿